読書「あなたもこの本が気に入るかもしれません。”図解まるわかり セキュリティのしくみ”(増井 敏克 著)」

題名、こうやってコピーすれば良かった…

ということで昨日の文系AIは一旦置いといて、こちらは読み放題ではなく

普通に本屋にいって購入したもの、前々から話していたセキュリティについての勉強です。

セキュリティとはいうけど何から手をつければ良いか?どういったセキュリティ項目(気にしなければいけない事があるのか)

という内容が書いてあります。 まだまだ読み進めている途中ですが 一つ一つの項目が広くカバーされていて なおかつそれほど深く掘り下げられず 分かりやすく 図でも表現されているため 上記のような目的を持った人たちにオススメです。

読書「文系AI人材になる」

を読みました。

まだ読み切ってないんですが、これの始まりが自分が当時考えていたことと非常に似通っているので共感できます。

ざっくり言えば「AIから仕事を奪われることを恐れるのではなく、理解し、使える人間になろう」というものです。

今の自分のルーツですね、まだ使える人間ではないですが

最近普通の情シスやってたんで、初心を思い出した気持ちですね