AIのパークシャ、膨らむ「のれん」 問われる相乗効果:日本経済新聞

AIのパークシャ、膨らむ「のれん」 問われる相乗効果:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC2335H0T20C22A5000000/

興味深いですね、他の企業のAIの発達により実際開発が盛んな企業の収益低下

今後はAIの目新しさだけではなく「お互いに利益の出る運用」を模索していく時期に入っているのかもしれません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA