気配再考 「そこに誰かがいる」感じることの豊かさ:日本経済新聞

気配再考 「そこに誰かがいる」感じることの豊かさ:日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOFE073260X00C22A3000000/

気配再考、新しい言葉になりそうな気がします。

実はゲームでも既に実装されています。デモンズソウルやダークソウル等、今話題のエルデンリングもこれに近い機能がある

同じマップを攻略中に他者がランダムで映し出される幻影、そこで他者がどうやって死んでしまったかわかる血痕機能

オンラインでがっつり協力することもできるが、上記はそこまではいかない「他者の気配を感じるだけ」のフレーバー機能だ

「孤独を紛らわせるのは、何も隣に常に人がいなきゃいけないわけではない」

現実でもこの考えが浸透してきたのかもしれない

飲食業でも、店内のレイアウトという意味では関わってくる、距離感というのは、今後もお店を作る一つの材料として大事なことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA