熟練者を再現するAI 製造業の救世主か:日本経済新聞(ニュース系)


https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUC275SZ0X21C21A2000000/

記事から引用です。

「現在のAIは熟練者の知見を文字や数値などのデータにして学習させるが、そのデータが質と量の両面で不足しているため、熟練者を完全に再現するのは難しい。また、一度AI化してしまうと、AIが答えを導くプロセスを人が理解できない場合が多い。AIは、人のように「自らの考え」を説明することもない。」

pythonを勉強していたのですごいよくわかります。

ここが課題だからこそ、現場では使えなかった。

今ではセンサー技術が進化して色々なものが数値化できますが、それでも飲食的には足りない

AIにとって足りない情報が多すぎる上に変化が激しい為役立ちません

この記事では特に解決策などの提示はなかったですが、AIが出した答えの理屈=ブラックボックスを無くさないといけないというのは非常に同意します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA